人気ブログランキング |
トップ

A one designer's photo diary 
by transtyle
Information

TRANSTYLEは日々のコトとシャシンを気まぐれに載せたブログです。

[外部への接続]
--------
著作権保護期間の延長はやめておこう。
文化共有の青空を育てよう。


--------
デザイン関連雑誌
インデックス
-JDN推薦デザイン関連雑誌-



カテゴリ
大相撲の大麻騒ぎ
今日の報道で、北の湖理事長が辞任し二人の力士が解雇された。
若の鵬から始まった大麻騒動は、ここで一旦収束するだろう。また、報道番組ではニュース解説者が社会に迷惑かけた償いで、解雇されるのは当然と語っていた。
社会に迷惑?力士は大麻を吸って暴力を振るったり、場所を休場したの? 確かに大麻喫煙は法律で禁止されている。それを咎められるのはわかる。では車でスピード違反したり、駐禁切られたりしたら解雇なのかと問いたい。
一連の報道で気になるのは、じゃあ違法と言われる大麻がどれだけ罪悪なのかを、番組のなかで一度も検証していないい。
もう一度、マスコミや視聴者に問おう!今まで大麻を吸って起こした凶悪事件があるか。もちろん、あるわけ無い。
大麻は身体的依存が無いぶんだけ、アルコールより害は無い。大麻吸って悪さする人間はアルコールでも悪さする。
私は法を犯したことを、悪くないとは言っていない。ただこうした事が起こったならば、まず報道として法の根拠も問わなければならない。国が決めたことを、検証もせずに悪いこと!悪いことだ!と唱えることが報道なのか!
確かに、解雇された力士の立場に対する甘さはわかる。しかし、異国の地で一生懸命日本語を覚え相撲に打ち込んできた彼らを、たかが大麻で解雇するのは横暴もいいところだ。
最悪なのは、今回の件で報道で大麻を喫煙する行為そのものが、どれほどの罪悪があるのか誰も考えないことである。
# by transtyle | 2008-09-08 22:50 | Diary
秋葉原の無差別殺傷事件
先日起こった秋葉原での殺傷事件の報道から、
「だからこそ死刑制度を廃止しなければならない」と、強く感じた。

死刑制度は社会にとって不都合な人を、死刑という装置で簡単に消し去る。
死刑執行によって、事件そのものが抱える問題を、
あたかも初めから無かったように、人々の記憶からも消し去る。

社会にとって都合が悪くなると、有無を言わせず排除する風潮。
こうした時代だからこそ、社会に見捨てられたという思いが強い人ほど、
ある人は追い詰められて自殺へ向かい、またある人は自暴自棄となり、
凶行に走ってしまう。
今回の事件での私の思いと反対に、死刑を求める気運が高まることを危惧する。
# by transtyle | 2008-06-11 14:41
国旗どうしのデモ
長野での北京オリンピック聖火リレー騒動を見ていて、とても違和感を感じる。

中国によるチベット人民に対する弾圧に抗議することは良い。そしてチベットに自由を!というスローガンにも賛同できる。
で、自由を求める運動が、何故国旗のオンパレードなのだろう。
a0017259_22181054.jpg

empro(エムプロ)より転載 吉川忠行氏撮影

チベット民族の独立の象徴としての国旗掲揚だろうが、しかし掲げているのは国旗である。まさに7世紀チベット王ソンツェン・ガンポによるチベット帝国の軍旗が元にした国旗である。その国旗はあくまで国を支配し、領土を拡大したときの国旗なのだ。
まさに自由とは対極象徴だ。巷ではあの旗の意味は平和や人権、民族独立という「民主主義」の象徴のように勘違いしているが、最終的にはチベット人というより、チベット支配者による「覇権の自由」ためだけにある旗だ。そうした国家主義的民族意識を丸出しの抗議デモだからこそ、右翼の日の丸も同調し自国の民族的優位性を聲高に叫んでいる。そうした国家民族主義は当然、中国の国家民族主義に火をつける。
お互いに民族主義で罵り合う。これがどこが「民主主義」で「自由」なのか?
チベットも中国も日本も国家主義的民族主義で争うのなら、おなじ穴の狢で不毛なデモだ。大切なのは国家によらない、民族を乗り越えた上での人々による国際連帯だ。
もちろん中国のチベット人弾圧には抗議し、抵抗すべきだ。中国の国家主義も認めてはいけない。だからこそ、間違ってもチベットの国旗を掲げるべきではない。

フリーチベットのデモで、まさに自由の抗議デモのように意気揚々とチベットの旗を掲げている人々をみると、欧米のチベット騒動のムードに流された滑稽さを感じる。

a0017259_2211394.jpg

※写真は「週刊かけはし」より転載
今回の騒動の発端にもなった欧州連合(EU)や米国でのチベット弾圧に対する、中国政府への抗議は、同じくイラクやパレスチナに対する米英政府、およびイスラエル政府に対して起こしたのであろうか。
人権蹂躙の虐殺という事では、おなじではないだろうか。
米軍がイラク戦争終結後に武装治安圧として何人の兵や民間人を殺してきたのか。これは誤爆ではなく、ある一部の武装勢力を攻撃するためには、多少の民間人が巻き添えになってもしかたないという戦略のうえ、何万人と殺害されたのだ。
このフリーチベットで抗議の声を上げている人のうち、何人がイラクやパレスチナ攻撃に抗議の声を上げたのだろうか。※
今回の聖火リレー騒動は、本当の意味でチベットの自由を求める運動とはかけ離れた、胡散臭い輩が多く混じった騒動に思えてならない。

イラク戦争の死者について
Iraq Body Count
(※一部の人々はイラク反戦の運動もがんばっているが、今回の民族主義者によるチベットの抗議デモとは別な形で運動をすべきだ。)
# by transtyle | 2008-05-10 22:09 | Diary